金融マッピング

Just another WordPress site

*

中小企業にとっての資金調達は大事なの?その方法はどうしてるの?

   

088041

中小企業とは、
企業の中でも中規模もしくは小規模のものです。

そう言うととても曖昧な感じですが、
中小企業基本法では、中小企業とは何かがはっきりと明示されています。

とはいえ、

それは法律上の分類であり、実際は何をもって中小企業というかはケースバイケース。

法律で定められているものが全てに適用されるとは限りません。

中小企業が日本に占める割合はとても多く90%以上に至っているともいいます。

会社の大きさ以外でも、中小企業と大企業の特徴は違います。

例えば、融資のそのうちのひとつです。

a

◆中小企業にとって、資金調達は大事なこと。

中小企業は大企業とは違う方法で資金の調達を行っています。

資金を必要とした場合、
大企業は、社債や株式を発行することで資金を確保します。

しかし、中小企業は大企業のように大規模な株式や社債の発行ができません。

ですから国内の中小企業の多くは銀行から会社の運転資金を融資してもらい、

そのお金で設備投資や新規開発事業を行っているのです。

銀行から融資が受けられれば中小企業としては問題なく事業を継続できます。

中小企業の中には経営がうまくいかずに銀行からの融資も打ち切られるところもあります。

不況が続く近年では、融資をしても経営が好転しない可能性を警戒して、
中小企業に資金を融資したがらない銀行もあります。

このように中小企業にとって銀行からの融資は、
会社を運営してく上で必要であり資金の調達方法として、とても大事なのです。

c

 - 資金調達

  関連記事

中小企業が銀行から融資を受けることは難しい理由があるんです

中小企業が融資を受けることは難しいという話をよく聞きます。 それには下記の理由が …