金融マッピング

Just another WordPress site

*

中小企業が銀行から融資を受けることは難しい理由があるんです

   

088052

中小企業が融資を受けることは難しいという話をよく聞きます。

それには下記の理由があります。

・利益の大きさ
・会社の信用度
・担保

これらを一つ一つ見ていきましょう。

a

◆利益の大きさ

銀行から見れば大企業でも中小企業でも審査にかかるコストは似たり寄ったり。

審査のコストが同じならば、
より高額の融資ができる大企業にお金を貸すほうが利益が大きいですから、

銀行からすれば大きな企業にまとまった融資を行ったほうが得になります。

◆会社の信用度

また中小企業が融資を受けるためには
銀行が審査をするために必要な書類を提出することが求められます。

この書類を作成することが結構大変なのです。

株式や社債をつくっている大企業は
毎年公開するための会社の資料をつくらなければいけません。

そのように様々な公開資料を持っている大企業は
融資の審査も比較的やりやすい相手です。

それに対して中小企業の多くは必要な書類すら欠けている状態だったりします。

中には財務の内容がまとめられていない会社もあります。

その結果、中小企業は透明性の低くリスクの高い会社と判断されがちです。

◆担保

財務体質がはっきりしておらず情報開示が不明確な相手に融資をする場合、
銀行は担保を必要としてきます。

担保が用意できないために融資を受けることができなかった中小企業もあります。

担保があったほうが融資は受けやすいですが、
中小企業は担保として使えるものが限られていますし、

また、担保に使える土地があっても地価が下がっていて
担保としての用をなさないこともあります。

このように

中小企業が銀行からの融資を受けるには
クリアしなければならない問題がたくさんあります。

c

 - 資金調達

  関連記事

中小企業にとっての資金調達は大事なの?その方法はどうしてるの?

中小企業とは、 企業の中でも中規模もしくは小規模のものです。 そう言うととても曖 …